なぜecサイトは人気が高いのか?

多くの店舗から商品を選ぶことができます


近年、ecサイトによる通販の需要が高まっています。例えば洋服を買う場合、実際に店舗に行って選ぶよりもずっと多い選択肢の中から気に入った一着を選ぶことができます。また、地方に住んでいる場合は店舗そのものが多くなく、ecサイトを利用することで地元では手に入らないものを簡単に購入することができます。
実際に届くまで商品の質がわかりにくい弱点はありますが、買い物のスタイルを大きく変えました。販売する側としても顧客の購入履歴が一目でわかり、これまでの買い物に応じた商品の提案をすることが容易になりました。これまで逃していたチャンスを売り上げに変える役割を果たしています。
ecサイトの特徴として家まで送ってもらえることがあります。いち早く時間帯指定にも対応していますが、宅配便の仕事量の増大など新たな問題も生じています。今後は利便性と配送現場の状況との兼ね合いが重要になるでしょう。

個人が簡単に商売に参入できます


ecサイトは個々のサイトにより商品の数に大きな差がありますが、少なくても参入すること自体に問題はありません。このことから、個人が通販業を開業するのが容易になりました。たとえ数えるほどしか商品の種類がなくても、厳密な意味ではecサイトではありませんが、大手のショッピングサイトに登録することで不特定多数の人から商品を見てもらえるようになりました。
特にスマートフォンが普及したことはecサイトで商品を販売するにあたり追い風になっています。参入者はこれからも増え、業界全体の売り上げは伸びていくと思われますが、閲覧者にとって見やすいサイト作りや、受注から配送までのスムーズな業務の進行など、利用者の利便性を高める工夫が求められています。